これからはまめにヘアサロンに行くことにした

f:id:hamu_z:20211122105232j:image

今まで美容院代は節約の対象でした。2ヶ月に1回前髪カット専門店、4ヶ月に1回ヘアサロンでメンテに行く感じのルーティーンでした。ヘアサロン嫌い&ロングヘアーだったので頻度もちょうど良かった。ヘアサロンは過去に怖い思いをしてから大の苦手で、仕方なく家の近所のお店に通っていた感じです。

ただ去年あたりから、気になるんです。抜け毛と分け目が。なんか地肌見えてる?抜け毛に関しては季節的なものもあるみたいですが、髪のボリューム少なくなってきた気がします。友人とお茶した時に写真撮ったんですけど頭のてっぺんが気になって仕方なかったです。これが歳をとるということか...。

カット代約7000円もするけど女性のオーナーさんが1人でやっている完全個室のところにしてから、お店に行くのが超楽しくなりました。なんていったってこの空間にはオーナーさんと私しかいない。まず髪の相談をするのが楽しいし、〇〇記念に買ったものの話とか盛り上がる!そのオーナーさんも、買い替えより一つのものを人生と共に過ごしたい派なので、わたしの30歳記念か退職祝いの品の相談に快くのってくれます。本当にありがたいです。わたしのヘアサロン嫌いがこのオーナーさんのお陰で克服できそう。カット代だけ見れば少々割高な感じもあるけど、安心してメンテナンスに行けることを考えれば妥当なお値段です。

 

f:id:hamu_z:20211122105240j:image

しかも先日、メンテしに行ったら、髪の表面がとても乾燥しているから寝る前にオイルを付けるといいとか、1番下にある前髪の癖を教えてくれたりと、行くたびに新たな発見が増える。2ヶ月に1回のルーティーンで綺麗な髪を持続することができるし、何よりわたしの髪の最新情報を教えてくれます。こんなの当たり前の人もいるだろうけど、適当にお店を選んでた私にとっては初めてです。ひとつのお店に通い続けることで得られるメリットですね。わたしの髪に対する美意識も持続どころかやる気にさせてくれる、もっとこんな素敵なヘアサロン、見つければよかったと思うくらいです。暫くこのお店に通いたいので、頑張ってメンテナンスしよう。もうケチりません、美容院代は。

おかえりMacBook

たぶん20年も前からあの星に魅せられていた

タイムマシーンにのって[長野県松本市 珈琲美学アベ]

f:id:hamu_z:20211118001235j:plain

松本に行ったら絶対に寄りたかった喫茶店。珈琲美学アベです。珈琲美学という名前のセンス。マスターの他に若いスタッフさんもいます。お店がアットホームです。

 

f:id:hamu_z:20211118075219j:plain

この日は寒かったけどどうしても飲みたかったモカフロート。まず見た目と雰囲気でうっとり。真鍮でできたと思われるこのワイングラスかっこ良すぎる。モカフロートの為に淹れてくれる珈琲とたっぷりのミルク。完全に贅沢です。珈琲へのこだわりが強いです。モーニングトーストもいただきました。バターがたっぷり塗られていました。

 

f:id:hamu_z:20211118075222j:plain

ステンドグラスのランプも素敵です。

 

f:id:hamu_z:20211118075226j:plain

紙のナプキンにお店の名前のプリントが。

 

f:id:hamu_z:20211118001238j:plain

伝票の裏です。心臓がドキッ。こんな素敵な文を考えられるなんて。

 

f:id:hamu_z:20211118075224j:image

店内は近所の方々や学生さんなど老若男女に親しまれていました。珈琲はもちろん、グラスや紙のナプキン、伝票まで並々ならぬこだわりが見られます。私は喫茶店巡り大好きなんで、純喫茶ファンのブログも読みあさっているのですが、全国の純喫茶ファンがが「ここに絶対行きたい」って思う理由が分かりました。喫茶店を超えた異空間に来たみたいです。まるで一昔前にタイムスリップしたみたい。珈琲美学アベの為に松本へ行きたいくらいです。ごちそうさまでした。

グルメ記事の寄せ集めはこちら

夜勤明けに光を浴びたくて[市ヶ谷 NO.4]

ジュエリーは金が好きだけど器は銀が好き

f:id:hamu_z:20211202131512j:plain

ジュエリーも好きですが、陶器も好きです。特に器。大のお気に入りの陶器作家は藤岡貢さんです。滋賀県甲賀市信楽町で制作されています。純銀を低温でじっくり焼き上げる銀彩という技法を使った器で有名なのですが、先日とても久しぶりに買い足ししました。

藤岡さんの器と出会ったのは今から4年前。信楽に行ったら絶対行くogamaというお店に展示販売されていました。当時買ったものはマグカップ。なにこれこんな器初めて見た。心臓がドキドキしたの覚えてます。金属のような質感と土のぬくもりに目を奪われてしまいました。先日親戚の挨拶に行った帰りに、4年ぶりに信楽に寄っていつものogamaで平皿を買いました。

 

f:id:hamu_z:20211202131514j:plain

平皿すごく欲しかったんです。いつもマグカップや湯飲みに目を奪われてしまうので...。この艶が上品すぎますし、この色がたまらなく好きです。白でもなく完全たる銀でもない色、土の風情を忘れさせない金属のような質感。全てが絶妙すぎます。

 

f:id:hamu_z:20211202131509j:plain

写真だと若干分かりにくいのですが、この輝き方はちょっと貝に似ている気がします。私はジュエリーを買う時は迷わず金を選びますが、器に関しては銀に惹かれます。もちろん銀なので、変色が起こります。

 

f:id:hamu_z:20211202131507j:image

こちらは4年前に買ったマグカップ。味わいのあるセピア色に変化しています。平皿の銀ももちろん好きなんですけど、これはこれで好きです。天使の羽のような彫に艶が出て美しいです。使い続けないと中々現れない色ですね!ちなみに買った当初のような銀に戻す方法もあるのですが、愛着が沸いているのでこのまま使い続けています。おそらく使い方次第で、色の変化や濃度は多少変化が起こりうると思います。現に持ち手や口当たりの部分は少し黒ずんでいます。そういえば、買った時にお店の方が「経年変化楽しんでくださいね!」って仰っていて、当時はあまりピンと来なかったんですが、まさかこんな色気のあるマグカップに変化するとは...。使い方次第で自分の色に染まる、こんな素敵な器に出会えて本当にしあわせです。今回買った平皿はどんな色に変化するのだろうか。今からとても楽しみです。

ジュエリー沼にハマった人の記事を読んでいきませんか?

あの日の緊張を解した言葉と香り

f:id:hamu_z:20210508212944j:plain

今年4月のおはなしです。弟へのプレゼントを買いに本人を連れてルイヴィトンに行ってきました。ルイヴィトンを選んだ理由は本人の希望だったからです。普段行かないから余計に緊張です。新型コロナの3蜜対策で予約制を導入していました。(予約無しでも入れますが入店するのに列に並ぶ必要があります)ルイヴィトンの店内に案内されると20代〜30代の若い夫婦や親子で人がいっぱいだったのがびっくりでした。

メンズの財布なんて事情がよく分からないので本人の好き勝手に選んでもらいました。担当してくださった方に入店30分くらいまではカップルだと思われていたのが思い出。まぁ姉弟でなんて来ないか。実家の頃はプレゼントなんて誕生日のケーキくらいしか買ってこなかったので真面目なプレゼントは今回が初めてかもしれません(笑)  気に入ったお財布がすぐに見つかりものの30分で終了。お店出ようとしたら、買わなくてもいいのでもう少しルイヴィトンの世界を見ていきませんか?と言われ何とも親切なアテンド...。「買わなくてもいいので」という言葉にお姉さんの優しさと丁寧さを感じます。担当の方のお勧めはなんですか?って聞いてみたら「香水です」って返ってきて姉弟とえ!?ってなりました。

ルイヴィトンといえば、バッグやキャリーケースといった革製品じゃないですか。それがまさかの香水だなんて全く連想出来なかったので驚きでした。そんでもってグラデーションカラーのボトルが可愛すぎです。担当の方の一推しのCACTUS GARDENっていう香りが甘すぎず爽やかで凄く好みでした。香りだけはオンラインでは分からないから、ぜひテスターだけでも付けていってくださいねって。...なんですかその素敵な言葉のチョイスは。ハイブランドの初見に対する接客って冷たいとか無情っていうイメージが強かったんですが、この日は私の予想を上回る出来事ばかりでとても楽しかったしワクワクしました。ルイヴィトンはハイブランドの中でも確立した信頼とブランド性があるし、家族へのプレゼントはルイヴィトンを選ぼうと思った1日でした。

ワンマイル内でもふもふする冬[1MW★★GU×SOPH.]

f:id:hamu_z:20211125210520j:image

職場の先輩から、GUとSOPH.のコラボ服買った?と聞かれ何の事かと思いきや、GUがまたまたメンズブランドとコラボしたみたいです。SOPH.というブランドは、先輩に教えてもらうまで全く知らなかったのですが、今の30〜40代のメンズ様にとても親しみや懐かしさがあるブランドのようです。

www.gu-global.com

 

続きを読む

記念タイトルに買いたいものを見てきた

記念タイトルがないとジュエリー買いません!と決めたのですが、先日用事があって銀座に行ったのでちょっくら下見でもしようかなぁと見てみました。面倒くさがりの自分には珍しい巡回。あ、エツコソノべは見ていません。秘めた物欲とホリデー

f:id:hamu_z:20211122210028j:image

まずはカルティエです。

続きを読む

秘めた物欲とホリデー

f:id:hamu_z:20211117185737j:image

物欲は鍵のかかる所にしまっています。いや、しめています。本当に自分にとって必要なものか?を見極めるために。しかしホリデーシーズンに向けて各社ジュエリーの新作発表をするこの時期。非常にツライです。物欲の扉が毎日解放デー。先日、ジュエリーはしばらく買わんぞ!という記事を書きましたが、欲しくて欲しくて頭の中がいっぱいの物があります。はいどうしようもありません。

しばらくジュエリーは買わないことにした

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

etsuko sonobe(@etsukosonobe)がシェアした投稿

 

エツコソノべです。はぁため息。前からエツコソノベはチェックしていたんですが、バイカラートルマリンも扱うとは。大好きなアクアマリンのほかに、メタモルフォーシスクォーツとかシルバールチルクォーツとか面白い石を使っているんですよね。クォーツがあまり興味ない私でも惹かれてしまう不思議な力。エツコソノベの選ぶ石はインクルージョンが多めに入っていたり、無駄のないヌードセッティングなので石をほぼ360度楽しめるのが最大の魅力でもありますね。

いつかは、バイカラートルマリンが欲しいなぁって思っていたのですが...もうやばい。エツコソノベの実物自体を見に行ったことないので見に行きたい。行くなら初日だなって思いつつも、有難いことに?初日の11月19日は仕事、次の日も仕事、翌日も仕事でした。私が見に行く頃には無さそうだなぁ(笑)まぁ合っても予算オーバーで買えなさそうですし、何より記念タイトルが無いと買わないって決めたので!!ただ!見に行くのだけは!!オッケーにします!!

って言いつつ見に行かないのがオチです。面倒くさがりの性格がここに来て発揮するでしょう。いや発揮してくれ!!!もしも見に行ったらレポートを書きたいと思います。

どんな理由があったとしても

ラベンダー色の君に心を奪われた